カポエイラジェライス東京

コラム

ベンサオン

2019/11/18

カポエイラの技「ベンサオン」
ベンサオンはカポエイラの蹴りで、正面に足をまっすぐに突き出す前蹴りです。
相手を押したり、突き飛ばすような蹴りです。
Ponteira

ベンサオンは、カポエイラの攻撃技です。
片脚を正面にまっすぐに伸ばす動作で、相手を押したり、突き飛ばします。
頭や腹部を狙う蹴りです。
ポンテイラともよく似ていますが、
蹴り上げる動きのポンテイラに対し、まっすぐ押しだすように蹴るベンサオンは突き飛ばす動きです。
空手などにもよく似た前蹴りがあります。
ベンサオンはポルトガル語で「祝福」を意味します。
これは、蹴りを受けた相手がお腹を凹ませ頭を下げ、お辞儀をしているような姿勢にな理、
教会で祝福を受けるような姿勢になることから、そのように呼ばれています。



ベンサオンの使い方

ベンサオンは突き出すような攻撃で、直線的に蹴ります。
相手を押して距離をとりたい時にも使われます。
カポエイラの中では珍しく、当てても良い蹴りですが、ダメージを与えて怪我をさせたり痛みを与えることはしてはいけません。

カポエイラには回転系の蹴りが多く、ベンサオンのような直線的な軌道に急に対処しにくいので、
回避するには想定した練習が十分に必要です。
例えば後ろに下がる、左右に避けるなどです。

ベンサオンのポイント


ベンサオンの練習において大事なポイントです。


ポイント①・膝を持ち上げお腹にひきつける。

ポイント②・膝を伸ばし足を突き出す。足の裏が相手に向くように気をつける。

ポイント③・当てる場合も、すれすれを狙う場合も、相手を傷つけないようコントロールする。

何度もなんども練習しましょう。左右均等にできれば尚良いです。


ベンサオンを使いこなそう

ベンサオンには様々な蹴り方があります。後ろ足から蹴る、一歩踏み込んでから蹴る、前に飛びかかるようにジャンプしてから蹴るなどです。
蹴り方は状況によって使い分ける必要があり、相手との攻防を理解する必要があります。
また、蹴りをあてるけれども痛みを与えない、というのはとてもレベルの高い技術が必要です。
寸止めでなく当てて使うためには、指導者のもとしっかりと練習を積み重ねることが必要です。