カポエイラジェライス東京

コラム

ポンテイラ

2019/11/11

カポエイラの技「ポンテイラ」
ポンテイラはカポエイラの蹴りで、正面に足を蹴り上げる前蹴りです。
カポエイラの中でも珍しいこの蹴りを詳しく説明します。
Ponteira

ポンテイラは、カポエイラの攻撃技です。
片脚を正面に出し、膝を持ち上げながら伸ばす動作で、相手を蹴り上げます。
腹部や頭を狙う蹴りです。
主に回転技を多用するカポエイラにおいて、珍しい直線的なキックです。
よく似た蹴りに、「ベンサオン」がありますが、突き飛ばすベンサオンに対し、蹴り上げるのがポンテイラです。
ポンテイラは隙が少なく反応しづらいため、「挑発的」とも捉えられる可能性のある蹴りです。
使用に際してはカポエイラの原則通り、相手を傷つけない、痛みを与えないのが大切です。
語源は、ポルトガル語で「頭」を意味する「カベッサ」から来ています。
Pomteoraはポルトガル語で「尖ったもの」という意味です。



ポンテイラの使い方や意味

ポンテイラはシンプルに見えますが、素早く鋭く相手に繰り出すことができます。
相手との駆け引きや息を合わせたやりとりのための蹴り、という側面では使いにくく、
カポエイラは格闘技的駆け引きと、ダンス的美しさの両面を協調させて動くため、
かっこよさを排除したポンテイラは、
知らずに多用すれば、逆に相手は「挑発的」と見られる可能性もあります。
反応しづらいのみでなく、急所に当たると大怪我にもなるため、注意が必要です。

しかしポンテイラを軽く相手に見せておき、攻撃的になった相手をハステイラで転ばせる、など
頭を使った使い方もできます。

もちろん相手に当てに行くようなキックとしても使います。
ポンテイラを蹴られた相手は、低くなって避けることが難しいため、カポエイラの他の蹴りとは異なる反応が求められます。
例えば後ろに下がる、左右に避ける、などです。
カポエイラ漫画のバトゥーキでは、つま先を伸ばし、みぞおちにポンテイラを当てるような秒差がありますが、
大怪我をする可能性が高く、実際にはおこってはいけません。


ポンテイラのポイント


ポンテイラの練習において大事なポイントです。


ポイント①・膝を持ち上げバランスを意識する。

ポイント②・膝を伸ばし足を突き出す。蹴り終わりにもバランスを崩さないようにする。

ポイント③・当てる場合も、すれすれを狙う場合も、相手を傷つけないようコントロールする。

何度もなんども練習しましょう。左右均等にできれば尚良いです。


ポンテイラを使いこなそう

相手の下半身を狙って蹴ることのないカポエイラでは下から蹴り上げるポンテイラの軌道は
非常に珍しいと言えます。
珍しいからこそ、動きのバリエーションとして意識して使えれば、ジョーゴにボリュームを持たせることができます。
また攻撃的意図の強いポンテイラを使う、ということは相手からも攻撃的な動きを引き出しやすくなる、という意図でも使えます。

技のやりとり以上の精神的な駆け引きも考えることができれば、より世界が広がるでしょう。