カポエイラジェライス東京

コラム

バンダジコスタ

2020/2/17

カポエイラの技「バンダジコスタ」
バンダジコスタはカポエイラの攻撃技で、相手を転ばせる技です。
カポエイラの中でもより実践的なこの技を詳しく解説します。
Banda de costa

バンダジコスタは、相手を手と足払いを使って倒して転ばせる技です。
柔道の大外刈りによく似た動きで、相手を背中側に倒します。
相手の蹴りの回転の遠心力や勢いを使えばより効果的にできます。
ハステイラなどの転ばせる技との違いは、高い重心で立ち上がった姿勢で繰り出せるということです。
また手を使うことによって相手のバランスを崩せるため、
練習すれば蹴りに併せずとも、エスキーバやジンガの姿勢に対しても技を決めることも可能です。



バンダジコスタの練習のために

バンダジコスタはハステイラ等と同じように、足払いを使って相手を転ばせますが、
ローキックのように足で相手にダメージを与えてはいけません。
また安全に転ぶことのできる技術、環境を整えないと、不用意な怪我を招く恐れがあります。
指導者の立会いのもと安全に気をつけ練習しましょう。

バンダジコスタのポイント


バンダジコスタの練習において大事なポイントです。


ポイント①・相手の横側に対面する向きで立ち、相手側の脚を相手の片脚の裏にかける。

ポイント②・相手側の腕を相手の遠い方の肩にかける

ポイント③・脚を引きながら腕は前におし、相手を転ばせる。

ポイント④・転んだ相手が頭を打たないように、技をかける人も注意して危ないときは相手を支える。

何度もなんども練習しましょう。左右どちらも練習するとなお良しです。


バンダジコスタを使いこなそう

様々な動きの中に組み込むことのできるバンダジコスタです。攻撃の蹴りや、蹴りのフェイント、エスキーバに併せて相手を転ばせることができます。
また上手く使えば、自分よりはるかに体格の大きい相手を転ばせることもできます。
また相手を両手で掴み投げ飛ばすような動作はカポエイラでは行いません。
あくまで相手の動きやバランスを最小限の動きで崩すことが、上手なジョーゴの指針になります。
転ばせられなかっても、躍起になって掴みかかったり取っ組み合いになると、
グンガにジョーゴを止められホーダから出されるといった注意を受けることになりかねません。
こういった部分はカポエイラ独特のもので、経験をつみ”やりすぎず”上手く倒すことを求められるのです。